INORANがタマシギ

前日ですけれどもね。明るい放送やっていたのよね。それは球辞苑ですね。
で、どういう放送なのか?というのですと、野球の濃いものを1会社に絞ってやっていたのですが、前日はグリップね。
で、各種個性的なアスリートのバットのグリップをね。あったのですけれども、個性的な産物とかあってね。それでね。そんなに、テーピングを巻いてですけれども、そんなバッターが、土橋は知っていたしね。中村流れとかもやるのは知ってはいたが、比較的いるものですね。っていうのは、わかったけれどもね。
http://ysshenge.net/
それで早くバットを持つ顧客もいれば。めい最高バットをね。持つそんなアスリートもね。いてね。ホームランバッターは、小指をグリップにわたって、打つバッターはいるけれどもね。けれども、短く持つバッターというのもね。いるのよね。不思議とね。それはどうなのかな?ていうのもね。よし、そんなことをね。思っていてね。どうなのかな?来週はどういうのがやるのか?強みね。

キャサリンの橋口

鹿島が引き分けて、川崎が勝利したパターン。成功所が同じになるのですが、得失点差が川崎のほうが上にあるため、川崎の立て直し優勝となるのよね。
で、川崎はターゲットで来季降格し、J2で張り合う大宮とのゲーム、ざっと稼げるのではないか?といった。ただ、中2日光で戦うことを増えるのでね。そこがウイークポイントかな?といった。
も、昨日の試合できっちりって浦和相手にアウエー埼玉スタジアムで勝利した結果、他力ではあるのですが、優勝するチャンスがでてきたのはでかい。
ここまで獲得した冠がない、2そばばかりのグループで、ここで冠をゲット。それもリーグ優勝したら、川崎の時代が来る可能性もあるかと。セレッソという川崎の2オーバー時代にも至る可能性も十分あるのよね。
で、職務なんで、ザッピングしながら見たいな?ともおもうけれども、できないのでね。
それができるのであれば、何かとね。見ながら、時時を楽しみたいな?とも思ってはいたけれどもね。よっしゃ、どういう影響になるかな?
こちら